Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

読者プレゼント

 

「新年の読者プレゼントに参加してもらえませんか?」という依頼を受けました。参加させていただくとしても何をプレゼントするか?
まず、思いついたのは業務用の大きな容器の「リステリン」でした。一般には売られていないものなので、けっこうインパクトがあっておもしろいかなと思ったのですが、バンコクライフさんからは難色を示されました。
そうなるともう「物」は思いつきません。歯科医院なんて物販じゃなくてサービス業ですから、「物」ではなくて「サービス(医療行為)」をプレゼントすることを考えつきました。とはいえ、「抜歯プレゼント」「クラウンプレゼント」なんて当選しても喜んでもらえる人ってかなり限定されているので、「何をプレゼントするのが適切か」で再度悩みました。結局、「歯の掃除」という多くの人に役立ちそうなところに落ち着くことになりました。これを書いている時点で、当選者お二人が来院されました。今回は、そのうちのお一人の話です。

 

30代後半の女性の例です。左側の親知らずは抜歯済み、右上の親知らずは初期の虫歯ですが、虫歯に関してはかなり状態がよく、これまで受けた治療は奥歯に小さなアマルガム充填を受けているだけでした。神経をとられたなんて歯は1本もありません。ただ、下の前歯に歯石があり、全体的に歯肉炎を起こしており、軽度の歯茎の腫れがありました。グラつきはまったくありません。「歯の掃除」のほうは、それほど多くなかったので短時間ですみました。これだけ歯科治療を受けたあとが少ないのであれば、患者さんは自分では歯の健康に自信があるはずです。少なくとも歯の問題で困っている人の悩みなんて他人事ぐらいに思っているはずです。実際、そのように思われていました。この女性の場合は、日本人平均と比べれば虫歯に関しては非常にいい状態です。しかし、それは虫歯に関してというだけで、歯に関してすべてOKというわけではありません。虫歯限定でOKというだけです。

以前、20代までは虫歯の問題を主に考えてもらって、それ以降は歯周病の問題に意識を移行してくださいと書いたことがあります。この方も、虫歯予防に効果的な歯の磨き方をされていたと思われますが、歯周病予防にはあまり適切でない磨き方をされてこなかったはずです。すべての歯茎に腫れ(炎症)があることが、それを如実に示しています。40代、50代でそれまで虫歯もなく歯医者にかかったことなかったのに、最近になって歯がグラついてきて食事しにくくなったとか、歯茎を腫らせてつらくなったということで歯を抜くことになる人がいます。その年齢まで虫歯で困ったことがないので、抜いた歯も虫歯になったことのないキレイな歯です。そんなキレイな歯を抜くのは歯医者にとっても辛いものです。この女性の方の10年後、20年後に生じることかもしれません。この方は、バンコクライフを時々読まれるだけということで、私のお話しする内容はほとんど初めてだったようです。歯周病とはそもそもどんな病気なのかということ以外に、虫歯予防のために虫歯好発部位を狙って磨くだけでなく、歯周病予防のために歯周ポケットを狙うという合目的な歯磨きの話もさせていただきました。読者プレゼントに当選していなければ、いままで歯の問題に関しては他人事のように思われていたようですから、10年後、20年後には総入れ歯に向けてまっしぐらだったかもしれません。この方が来院されて、どのような価値があったのでしょう? ①歯の掃除をしてもらったこと、②自分の歯は健康だと思っていたけれど、もしかしたら総入れ歯にまっしぐらだったかもしれないことを示してもらえた、③漠然とした歯磨きではなく、目的意識をもってやるようになることのほうが、予防効果が格段にアップするだろうということ、などではなかったと思います。

患者さんは歯の掃除を目的に来られたはずですが、それよりもその後にお話ししたことのほうが価値があったと思います。歯の掃除だけなら、お金と時間さえかければタイならどこでも同じ程度のことは期待できますが、その後のことはまず期待できないことですから・・・。
歯の掃除をした全員に、このような対応ができているわけではありませんが、私の時間が許される限り付け加えたいと思っています。料金設定は、治療椅子で行うことだけの評価で決めていますので、後半部分があろうがなかろうが料金に違いをつけていません。場合によっては、後半部分のほうが価値があると思われることもあるので、料金設定はあまりフェアではないといえますね。私の時間の取れないときはしかたがないので、この面の運・不運がその分かれ道といえるかもしれません。
まだ当選された方が8人残っていますが、後半部分を期待されるかたは予約の際に申し出てください。なるべくご期待にそえる時間帯を選びますから。また、通常の処置として歯の掃除を希望される方も同じくお申し出ください。平均的には(あくまで平均で個別にはかなり幅があるのでそのこともご考慮ください)歯の掃除が30分、後半部分は患者さんからとくに質問がなければ40分ぐらいです。