Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

歯並びについて

今回も新春の読者プレゼントの“歯の掃除”で来られた方の話題からです。前回来られた方は虫歯の経験もなく歯医者なんて自分とは無縁と思っていらっしゃいましたが、歯周病は既に進んでいるという方でした。虫歯の経験がないので歯に自信を持っていて、それが仇になり歯周病に気づくのが遅れるといった危険性があった方でした。虫歯の経験のない人って日本じゃあまりいないと思っていたのですが、珍しい事に今回の方も虫歯なしでした。今回の方は歯周病の心配はありませんでしたが、お茶やコーヒーの色素で歯が汚れてしまったという意識をお持ちでした。歯の掃除も定期的にしておいたほうがいいだろうと思っていたところ当選したということでした。ただ汚れ(ステイン)もそれほどたくさんついているわけではなかったので、歯茎にある軽度の炎症(歯肉炎)と歯周病のお話、その対策をお話しました。
 
 この方は上下共前歯がけっこう乱ぐい歯になっていました。45度ぐらいひねった状態になっているので歯が左右とも二重に重なっていました。重なった歯の部分は歯科医師でも歯の掃除がやりにくいものです。器具の届かないところが出てくるのでたくさんある歯科機材の出番となります。患者さんが自分で磨こうとすると、これは絶望的といっていいほど大変な作業になります。この人はそんな悪条件でも結構コントロールされていたほうです。歯肉炎も軽度でした。その磨きにくいところの対処方法をお話しましたが、言われたからといってできるとは限らないと思います。おそらく達成できない可能性のほうがはるかに高いのではないでしょうか。掃除しにくい原因は歯が重なっているためなので、本来はその原因除去が対策となります。幸いアソアライナーのようなブラケット、ワイヤーを使わないで快適に矯正治療ができるようになっているのでこのお話もしました。常々ご自身はそうとう歯並びが悪いと思われていたようです。たしかに見た目で評価すると乱ぐい歯(図1)は「そうとうヒドイ」となるのかもしれませんが歯医者の立場からだと、割りと取り組みやすいケースなのです。
 
 歯並びの問題として歯の位置が悪い、生えている方向が悪い、捻れているというのは歯の問題と考えています。それに対して歯が植わっている骨(歯槽骨といいます)が原因ということもあります。例えば受け口です(図2)。下顎の骨が上顎に対して前に出ているケースで下顎前突といいます。アントニオ猪木さんと言えばイメージしやすいでしょうか。骨の問題を解決するには第二次成長期にコントロールしなければなりません。それを過ぎてからとなると“骨を切って”対処するしかありません。大仕事です!反対は上顎前突です。(図3)こちらも下顎前突に負けないぐらい大変です。もう1つ大変なのは、乳幼児期の指しゃぶりなどが原因と言われてい開咬(OpenBite)です。(図4)口を閉じた時に奥歯は噛んでいるけれど前歯が噛まないというものです。軽度なら治せるのでしょうがきちんと治すのは絶望的な程に難しいはずです。せいぜい見た目が容認できるぐらいで終わっているのがほとんどだと思います。
 
 こういったやっかいな不正咬合からすると前歯が乱ぐい歯になっている状態なんて奥歯の噛み合わせが正常、骨を触らなくていいというだけでもかなり簡単なケースに思えます。骨は第二次成長期にやらないと骨切りなんてことになって年齢がいってからでは遅いと言われますが、歯は何歳になっても動かせます。50歳でも60歳でもご希望とあればできます。実際、60代の患者さんの矯正治療も今進行中です。この患者さんはすでにアソアライナーで処置が終わった患者さんの紹介で来られました。このお二人の場合、矯正前の見た目は紹介を受けた方のほうが悪いものでしたが、治療は見た目の悪い方のほうが早く終る予定です。歯並びがあまりにもヒドイから矯正治療するとかなりの時間がかかると敬遠していた人がいらっしゃるなら一度診断を受けてみられるといいと思います。とくにアソアライナーのようなやり方の場合、ブラケットと違って半年でおしまいということも結構あります。また逆にいえば、そんな簡単に終われるケースがアソアライナーの適応患者さんです。

kume-102