写真で見るタイの歴史

Vol,105 水禍

Vol,104 赤雄牛

Vol,103 首都之駅

Vol,102 美国人接待

Vol,101 絹紡糸

Vol,100 怪奇漫画

Vol,99 勧善懲悪

Vol,98 百事可楽(ペプシコーラ)

Vol,97 治安戦車

Vol,96 国王の愛

Vol,95 駕 篭

Vol,94 タニヤビル

Vol,93 日野自動車

Vol,92 古 銭

Vol,91 リキシャ

Vol,90 現代女子

Vol,89 白象

Vol,88 獅子印練歯磨

Vol,87 泰式生活雑貨

Vol,86 山葉発動機

Vol,85 調髪

Vol,84 一攫千金

Vol,83 仏国砲艦

Vol,82 虎退治

Vol,81 大河の渡し

Vol,80 御清浄祭

Vol,79 家畜象

Vol,78 泰緬鉄道/現地人労働者

Vol,77 蘇昆維路/素坤逸路

Vol,76 金鳥の夏

Vol,75 水門の船着場

Vol,74 バンコクの歩き方-1953年

Vol,73 新年肝試し

Vol,72 交通渋滞

Vol,71 大學

Vol,70 美顔粉

Vol,69 戦 象

Vol,68 溢水路線バス

Vol,67 僧侶と従者

Vol,66 牧童小路

Vol,65 芭堤雅

Vol,64 幼画家

Vol,63 ロックバンド

Vol,62 華人の萬屋

Vol,61 Mr,ポストマン

Vol,60 タイ古式マッサージ

Vol,59 ミス・タイランド

Vol,58 マタンゴ

Vol,57 ナナ交番

Vol,56 花の子供たち

Vol,55 国王とキング・オブ・R & R

Vol,54 タイ王国の翼

Vol,53 バンコクプリズン

Vol,52 首都の駅

Vol,51 力車

Vol,50 マヒドン王子

Vol,49 慰霊之塔

Vol,48 華僑の街

Vol,47 母君

Vol,46 ラマ1世橋 1932年

Vol,45 楽趣

Vol,44 大振子

Vol,43 盤谷大洪水

Vol,42 チャオプラヤ濤々

Vol,41 盤谷駅水没-Ⅱ

Vol,40 盤谷の空

Vol,39 遠望

Vol,38 大ブランコとインドラ寺院

Vol,37 盤谷駅水没

Vol,36 仮装王子

Vol,35 午睡・貴婦人

Vol,34 UMA捕獲

Vol,33 御溝・盤谷宮城

Vol,32 水上炉簿

Vol,31 世捨て人

Vol,30 御溝・盤谷宮殿

Vol,29 タイ最古の写真

Vol,28 行幸・ラマⅥ世

Vol,27 王室の仮装会

Vol,26 大通り

Vol,25 野辺僧

Vol,24 番木瓜沙拉・木鉢

Vol,23 曳き屋台

Vol,22 水禍・祈り

Vol,21 路傍の商い

Vol,20 水禍のバンコク

Vol,19 ルンピニ水没

Vol,18 黄金の丘

Vol,17 誰でも作れる簡単ケーキ

Vol,16 寺子屋

Vol,15 豚肉輸送

Vol,14 ハイソの食卓

Vol,13 中華街興隆

Vol,12 路面電車

Vol,11 大山商会

Vol,10 洗髪剤

Vol,09 タイシルクの起源

Vol,08 シーロムの黎明

Vol,07 曼谷のイケメン

Vol,06 縮まないジーンズ

Vol,05 アナンタサマーコム宮殿

Vol,04 プラトゥナム船着場

Vol,03 水禍の戦勝記念塔 69年前

Vol,02 レッドブル

Vol,01 ファランポーン駅

仏国砲艦

his83

 今から120年前、タイの国家存続を揺るがす大事件が起きた。1893年7月13日18時15分、フランス海軍の砲艦コメート号(写真)と情報収集艦インコンスタンの2隻がチャオプラヤー川から進入し、タイの官警からの警告を無視して遡上したのである。数分後、フランス軍艦はオランダ人司令官が指揮するタイ軍の6インチ砲台の射程圏に入り戦闘が開始された。市民はこの異常事態に混乱を極め、フランス軍の着弾を恐れて逃げ回ったという。河川には16個の機雷が敷設されていたものの、タイ軍は近代的軍備のフランス軍艦には歯が立たず、フランスはタイ政府に、メコン川東岸の割譲を求めたのである。時のタイの君主だったラマ5世は割譲を拒み、賠償金で済ませようとして、当時、フランスとインドシナ問題において対立関係にあったイギリスから賠償金を借りようと試みたが失敗。後にやむなくメコン川東岸全域をフランスへ割譲する事になった。ラマ5世はこれを「死刑を待つ死刑囚の様な悲しみ」と嘆いて寝込んでしまったのである。