Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

医者とのいい関係

 当院の患者さんから「○△(他誌:フリーコピー)に“○○に訊け”という相談コーナーがあって、そこに歯医者でのトラブルが書かれていましたが、先生、読みました?」と聞かれました。私はフリーコピーに書いている身ですが、残念ながら全く読んでいません。相談内容は「日本人経営の歯科医院でクラウンを作ったところ痛い、不自然、などの違和感があったので訴えたが逆に机をたたき、声を荒らげて怒鳴られた」ということでした。恐ろしくて泣きながら帰ったそうです。それでその方はもう一度その歯科医院に行かれたようで、今度は「神経を抜いてもう一度クラウンを作らなければいけない」と言われたそうです。神経治療で更にお金がかかるととのこと。これはダメだと諦めて他の医院で治療を始めましたが、最初の歯科医院で支払った料金を返金してもらえないかという相談です。まぁ、これだけ読むとヒドイ話ですね。歯科医院側の話も聞いてみたいところです。この相談の答えが「まず歯科医院と相談、ダメならソーコーポーという消費者生活センターの相談すると脅しましょう。それでもダメなら裁判です」とのことでした。裁判となれば裁判費用でクラウン代どころじゃないんですけどね。
 ソーコーポーなるものがどのようなものか知らなかったので当院の歯科医師に聞いてみたところ消費者とお店、医院などの話を聞いて妥協案などを提示してくれるところだそうです。でも全然強制力はないよとのことでした。強制力がないのだったら裁判にするしかないんじゃないのって言うと「そうだ!」ですって。私は潮州人にたいしては偏見を持っていまして、とにかくドケチ、シブチンと思っています。お金のためなら人間の持つ高位の得(誠意、忠、孝、義、仁などなど。なんか南総里見八犬伝みたいですね。)が簡単に無視されてしまう厭らしい文化と。そしてタイの歯医者さんはたいてい潮州人ですから、お金のトラブルで簡単にはいかないと思うのです。ただタイでは歯医者さんは日本と違って知性教養はずっと上ですからインターナショナルな文化もお持ちの歯医者さんも少なくないので可能性はあるとは思いますが。あとは日本人歯科医師経営とあるのでこの人がどれだけ日本人の心情を理解してくれるかというところでしょうか。
 日本ではどうでしょうか?保険治療の場合、金額が高くないせいか“返金”トラブルは聞いたことがありません。ただ私が知らないだけかもしれませんが、高額医療になる自費診療でもあまり聞いたことがありません。実際のところ日本でもタイでも医療トラブルで“返金”を求めても、車や機械の修理と違って絶対にうまくいくという保証がないのが大前提のはずですから返金してもらえる可能性は低いと思います。手術をして死亡したから手術費返金しろと言って返ってくるでしょうか。手術前に病院側が用意した紙にハンコをつくことを求められた人もいらっしゃると思いますが、手術結果は保証しませんという意味のことが書いてあるはずです。つまり医療行為に対して費用が発生するわけで、その結果を金銭的に保証しませんということだと思います。バンコクで、アメリカやヨーロッパから美容歯科目的で来る患者さんを主体にしている知り合いの歯科医師がいます。旅行期間で終わらせなければなりませんからトラブルはつきものといっていいほど起こっていると思うのですが、そこでは治療前に契約書の作成をしています。本当は歯科でもこういった契約書を作って治療を行うほうがいいと思います。タイだけでなく日本でも歯医者仲間でよくある話が、治療内容の記録がカルテにないという事です。領収書ぐらいの証拠を見せられればカルテに記載なしでも否定しづらいのですが、まずそんなことはありません。ほとんどが患者さんの記憶違いなのです。当院の例でいうとメタルのクラウンが外れて「おたくで作ったものがとれた!」と言われても、カルテに記録なし。メタルのクラウンは当院ではほとんどしません。その内部のポストコアも当院で使う素材とは思えない。さらに根っこの治療も“正に日本の治療”となればかなり自信を持って、「うちじゃないと思いますけれど、、、」と言うしかありません。また日本で作ったものが外れて付け直したケースで、「これは治療するとなると抜歯をお勧めしますが、とりあえず付け直して限界に来たらそのときに抜歯も考えるという考えもなくはありません。」と患者さんの望み通り再セットして、その後「おたくで作ったものが外れた。どうしてくれる。」なんてヒドイケースもあります。これだけ読むと患者さんはヤクザかと思われるかもしませんが、ごく普通の人であることがほとんどです。単に忘れていて勘違いしているだけ。だから当院の歯科医師からも「毎回、お話したことをカルテに書いて、患者さんからそこにサインもらっておいたほうがいい。」或いは「ビデオで録画してはどうか?」なんてことも冗談半分で言われます。日本人社会に歯科で契約書ということがはたして受け入れられるのだろうか?という疑問はありますが。
 私事ですが今年1月、母の腎臓全摘出の手術のために日本に行きましたが、やはり病院でハンコをつきました。手術が何故必要か、どのような手術かの説明、予後のこと、手術中に起こる偶発症などなど説明を受けました。そして「本当はこんな場合のときのこともあるのでもっとたくさんの用紙を用意してハンコを頂きたいところなんですけれど」とも言われました。そのとき私は「完全に先生を信頼してお願いしています。万一の場合が起こったときも家族の承諾なしに先生が一番いいと判断された方針で行ってください。このことは特に文書にしませんが口頭で確認済みということで。」と告げました。