Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

医者とのいい関係 ②

 前回は他誌の相談コーナーについての話題で、患者さんと日本人歯科医師が経営する歯科医院とのトラブルでした。患者さんからの一方的な話だったので「どちらが正しい「とか「間違っている」なんてコメントは避けました。ただ患者さんと歯科医師との意思疎通がうまくいっていないのは明らかでした。歯科医師が机をたたいて「どうしろと言うんだ。」と凄んだと書かれていたので、それだけを見るとヒドイ歯科医師といえるのかもしれませんが、一方で患者さんが相当歯科医師を苛つかせるようなことしたのではないかとも思えました。

 患者さんの言った言葉で「神経の治療の処置が必要と言われたが、そんな細かい治療はここでは少し不安だったので転院した」とありました。クラウンを作るのと神経の処置はまったく別物ですので、クラウンの処置でその歯科医師の神経の処置を推測するというのも乱暴です。どうもこの患者さんは一方的に“決めつける”たちかもしれないと思えました。こういった人は自分が思っていることが正しくてそれ以外のことは認めないという事が多く、私たち歯科医師の話に耳をかさないということも私自信経験しています。まぁ、実際のところは双方の話をその場で聞いていたわけではないのでわかりませんが、、ということで患者さんと担当した歯科医師の意思疎通にはかなりの問題があったと思い、その理由の一つとしてカスタマー気分で医療を受けているからではないかというのが前回の話でした。

 今回は歯医者の責任はどうかという話題にします。この方はクラウンをされたようですが、私の知る限り多くの歯科医院で1年ぐらいの“保証期間”を設けているはずです。こちらではクラウンはセラミックですから割れることがありますが、1年以内に割れてくれば患者さんから費用をいただかないでもう一度お作りするという制度です。ここで日本の場合はどうか考えてみてください。一定の期間、保証する歯科医院に出会ったことがあるでしょうか。私は日本でそんな保証をしている歯科医院をみたことがありません。保険治療であればなおさらです。それどころか「保険治療で1年持てば御の字!それ以上のことはしてはいけない。」とこんな奴は歯科医師免許取り上げてしまえと思うことを平気で言う歯医者さんは少なくありませんでした。そんな理想は誰でもわかっているけれど、そんな甘いこと言っていて保険診療で生きていけるのかというのがその人達の意見です。日本ではアタリマエのことで誰でも異論のないようなことでも、それを押しつぶされてしまうような厳しい環境にあるということです。そんな国から来た人にとってタイでは保証されるのが当たり前と思えるものでしょうか。実はお金での返金は難しくとも作り直しは歯科医院側が提案してくれるのです。こういった事情を知ると相談コーナーでのトラブルがほんとうにおかしなものに見えます。 ボタンの掛け違え、歯車が噛み合っていないどころではなく話の全てでおかしなことだらけになってしまいます。そして日本の歯科レベル(歯科医師側も患者さん側も)のあまりの低さに気が重くなってしまいます。

 クラウンについてはこのように1年ぐらいのことであればトラブルが起こっても、受診した歯科医院で相談されるといいです。まず無料でかなりことをしてくれるはずです。じゃあ1年と1日なら保証は切れるのかとなります。スマホ買って保証期間が1日でも過ぎれば保証外になりますが同じようにデジタルで切られるものでしょうか。おそらくタイ特有のナァナァがあると思うのですが。当院の例でいうと、たとえ何年経っても誠意をもった対応をしたいと思っていますから、10年経っていようがまるまる正価は取りたくありません。できることなら必要経費程度に収めたいと思います。他の歯科医院でも同じように考えておられると思います。他院での治療のものがトラブルで来た人には元の歯科医院で一度相談することをおすすめしています。もし保証期間が過ぎていてまるまる全額がかかるというのであれば当院にもう一度来るというのもありですがと。

 またインプラントも保証されていることが“普通”だと思います。日本ではこんな保証されているのでしょうか?ここタイでは日本よりも治療の結果に責任感を持っているのが“普通”ですから、もしトラブルがおこれば元の歯科医院でじっくりと相談されることをお勧めします。ただしけっしてカスタマー気分で行かれないでください。あなたは患者さんでありクライアントですから。クライアントの大本の意味は“聞く人”らしいですから、しっかりと耳を傾けて、決して自分勝手な決め付けはされないでください。そうすれば医師といい関係になれて結果も納得の行くものになると思います。インプラント、クラウンについては、はっきり1年保証と明言されることが多いですが、その他の治療についても同じように責任感をもってされているはずです。トラブルがあれば同じように相談されていいと思います。でもこんなこと医療の上であたりまえのことです。こんなことがあたりまえでない日本が本当に情けなく思えて日本の歯科医師免許を持っていることが恥ずかしく思えてくれのも情けないです。また患者さんのほうで“保証”のことを“お金”で大騒ぎしているのも悲しいものです。