ビーバンジョア化粧品 美容コラム

Vol,87-(No.102) ビーバンジョア美容コラム

Vol,86-(No.101) ビーバンジョア美容コラム

Vol,85-(No.100) ビーバンジョア美容コラム

Vol,84-(No.99) ビーバンジョア美容コラム

Vol,83-(No.98) ビーバンジョア美容コラム

Vol,82-(No.97) ビーバンジョア美容コラム

Vol,81-(No.96) ビーバンジョア美容コラム

Vol,80-(No.95) ビーバンジョア美容コラム

Vol,79-(No.94) ビーバンジョア美容コラム

Vol,78-(No.93) ビーバンジョア美容コラム

Vol,77-(No.92) ビーバンジョア美容コラム

Vol,76-(No.91) ビーバンジョア美容コラム

Vol,75-(No.90) ビーバンジョア美容コラム

Vol,74-(No.89) ビーバンジョア美容コラム

Vol,73-(No.88) ビーバンジョア美容コラム

Vol,72-(No.87) ビーバンジョア美容コラム

Vol,71-(No.86) ビーバンジョア美容コラム

Vol,70-(No.85) ビーバンジョア美容コラム

Vol,68-(No.83) ビーバンジョア美容コラム

Vol,67-(No.82) ビーバンジョア美容コラム

Vol,66-(No.81) ビーバンジョア美容コラム

Vol,65-(No.80) ビーバンジョア美容コラム

Vol,64-(No.79) ビーバンジョア美容コラム

Vol,63-(No.78) ビーバンジョア美容コラム

Vol,62-(No.77) ビーバンジョア美容コラム

Vol,61-(No.76) ビーバンジョア美容コラム

Vol,60-(No.75) ビーバンジョア美容コラム

Vol,59-(No.74) ビーバンジョア美容コラム

Vol,58-(No.73) ビーバンジョア美容コラム

Vol,57-(No.72) ビーバンジョア美容コラム

Vol,56-(No.71) ビーバンジョア美容コラム

Vol,55-(No.70) ビーバンジョア美容コラム

Vol,54-(No.69) ビーバンジョア美容コラム

Vol,53-(No.68) ビーバンジョア美容コラム

Vol,52-(No.67) ビーバンジョア美容コラム

Vol,51-(No.66) ビーバンジョア美容コラム

Vol,50-(No.65) ビーバンジョア美容コラム

Vol,49-(No.64) ビーバンジョア美容コラム

Vol,48-(No.63) ビーバンジョア美容コラム

Vol,47-(No.62) ビーバンジョア美容コラム

Vol,46-(No.61) ビーバンジョア美容コラム

Vol,45-(No.60) ビーバンジョア美容コラム

Vol,44-(No.59) ビーバンジョア美容コラム

Vol,43-(No.58) ビーバンジョア美容コラム

Vol,42-(No.57) ビーバンジョア美容コラム

Vol,41-(No.56) ビーバンジョア美容コラム

Vol,40-(No.55) ビーバンジョア美容コラム

Vol,39-(No.54) ビーバンジョア美容コラム

Vol,38-(No.53) ビーバンジョア美容コラム

Vol,37-(No.52) ビーバンジョア美容コラム

Vol,36-(No.51) ビーバンジョア美容コラム

Vol,35-(No.50) ビーバンジョア美容コラム

Vol,34-(No.49) ビーバンジョア美容コラム

Vol,33-(No.48) ビーバンジョア美容コラム

Vol,32-(No.47) ビーバンジョア美容コラム

Vol,31-(No.46) ビーバンジョア美容コラム

Vol,30-(No.45) ビーバンジョア美容コラム

Vol,29-(No.44) ビーバンジョア美容コラム

Vol,28-(No.43) ビーバンジョア美容コラム

Vol,27-(No.42) ビーバンジョア美容コラム

Vol,26-(No.41) ビーバンジョア美容コラム

Vol,25-(No.40) ビーバンジョア美容コラム

Vol,24-(No.39) ビーバンジョア美容コラム

Vol,23-(No.38) ビーバンジョア美容コラム

Vol,22-(No.37) ビーバンジョア美容コラム

Vol,21-(No.36) ビーバンジョア美容コラム

Vol,20-(No.35) ビーバンジョア美容コラム

Vol,19-(No.34) ビーバンジョア美容コラム

Vol,18-(No.33) ビーバンジョア美容コラム

Vol,17-(No.32) ビーバンジョア美容コラム

Vol,16-(No.31) ビーバンジョア美容コラム

Vol,15-(No.30) ビーバンジョア美容コラム

Vol,14-(No.29) ビーバンジョア美容コラム

Vol,13-(No.28) ビーバンジョア美容コラム

Vol,12-(No.27) ビーバンジョア美容コラム

Vol,11-(No.26) ビーバンジョア美容コラム

Vol,10-(No.25) ビーバンジョア美容コラム

Vol,9-(No.24) ビーバンジョア美容コラム

Vol,8-(No.23) ビーバンジョア美容コラム

Vol,7-(No.22) ビーバンジョア美容コラム

Vol,6-(No.21) ビーバンジョア美容コラム

Vol,5-(No.20) ビーバンジョア美容コラム

Vol,4-(No.19) ビーバンジョア美容コラム

Vol,3-(No.18) ビーバンジョア美容コラム

Vol,2-(No.17) ビーバンジョア美容コラム

Vol,1-(No.16) ビーバンジョア美容コラム

第三の皮膚機能について

このところ涼しく過ごしやすい日々ですが、お肌の乾燥も気になりますね。今回は、近年注目すべき第三の皮膚機能についてお話ししたいと思います。
 
①従来型・・・自然派化粧品時代の機能
化粧品を肌に塗布しても、配合成分は角質内に浸透できません。肌の上でのしっとり感、すべすべ感は感じるでしょうが、成分は時間とともに蒸発するか、取れてしまうかで、いずれは消滅します。しかし、浸透できなければ化粧品に期待される効果の発現はありません。特に美白有効成分は、メラニンの生成を抑制するために基底層まで到達する必要があります。抗酸化機能も同様肌内の活性酸素を消去するため、有効成分が角質内に入る必要があります。
 ②進化型・・・美白化粧品時代の機能
浸透させる仕掛けを考えた処方です。最も簡単で一般的な方法は界面活性剤を配合することです。界面活性剤は水性と油性が配合された角質内のみならず、基底層、真皮層まで浸透させることが可能ですが、コントロールを失うと危険を伴います。一昨年発生した○○化粧品の白斑問題は処方にあると思えます。美白有効成分をメラノサイトまで届ける手段として界面活性剤を配合した結果、基底膜を越えて真皮層まで浸透し、真皮層の色素成分を漂白してしまったことで白斑症状が現れたと思われます。
 ビーバンジョアの浸透方式は「ナノ化」です。セラミドは脂質ですから、そのままでは角質内に入らないのですが、高圧乳化法でナノ化し、100ナノ粒子にします。角層と角層の間は0.5~1μなので、100ナノ粒子は角層中に浸透できます。美白パック中の「ナノアクア水」も同様です。ここでトリックですが、セラミドのほかに低分子コラーゲンや低分子ヒアルロン酸などもナノ化されて角質内に入ることができますが、これらは「高分子の鎖を切って」ナノ化したに過ぎないので、本来のコラーゲンやヒアルロン酸の機能を喪失してます。また、エステなどで施術される「イオン導入法」は皮膚表面と体内の電荷を入れ替えることにより「角層イオンバリア」を越えて肌内に侵入させることができます。
 ③未来型!・・・RETURNの時代
RETURN=「肌よみがえり」のためには、コラーゲンや毛細リンパ管など真皮層を構成している成分の維持または更新の必要があります。「未来型」は、化粧品成分を浸透させるのではなく、表皮細胞や真皮線維芽細胞が細胞に情報伝達することで直接働きかけ、遺伝子を発現させて細胞機能を活性化しようというものです。最近の皮膚科学で明らかになったのが、【表皮細胞全体が免疫細胞であり、角層表面で外環境を感知し皮膚内に情報を発信して皮膚機能をコントロールをしているということです。】もちろん基底膜は物質を通しませんが情報は通します。角質表面に化粧品を付け、肌がいい環境であることを感知させ表皮細胞や真皮細胞に向け何らかの「キレイシグナル」を発信させ皮膚機能を更新させます。「未来型」は「RETURN時代」に必要な化粧品機能です。

(美愛花)

vj99