Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

歯医者に“遠慮”って?

 今年の1月に他院でインレーという歯の詰め物をされたという患者さんが来られました。装着した後、噛むと痛いという症状があったそうです。その後、もう一度見てもらったけれど良くならないからと当院に来られました。インレーという処置でこのような症状の場合、噛み合わせが高いということがあるのでチェックしてみるとドンピシャリで噛み合わせが高い状態でした。それなら当院で噛み合わせの調整を行ってお終いにしてもよさそうなものですが、当院の歯科医師は元の歯医者さんのところに行って相談することをお勧めしました。聞いてみると、その歯科医院では日本人歯科医師がコーディネーターをしているけれど、忙しそうにしておられるので遠慮してしまったということでした。治療して問題があれば相談するべきです。元の歯科医院ならおそらく無料で対処してくれるでしょうし、そのケースでの問題点を一番わかっているところですから、適切な診断が下しやすい立場にあります。それにもし次の歯科医院がお金にイヤラシイところなら素知らぬ顔をしてもう一度インレーのやり直しをするかもしれません。その歯科医院は儲かるでしょうが前の歯科医院の仕事も患者さんも無駄が大きいです。相談に行ってよほど信頼に値しないと思わない限り転院などしないほうがいいと思います。
 
 今回のケースをもう少し詳しく説明すると、噛み合わせの調整はまっすぐ噛んだ時の状態(中心咬合位といいます。Centric)は問題なしでしたが、下顎を左右に動かせたときの噛み合わせ(側方運動、Lateral)はけっこう干渉していました。当院でのチェック時に「歯ぎしりしてください。」、とか「噛みしめた状態で下顎を左右に動かせてください。」と言ったのですが、小さく左右ににしか動かせませんでした。この時点では干渉はみつかりませんでした。もう少し言葉を変えたりして調べてやっと干渉部位が見つかったということです。おそらく前の歯科医院でも同じようにチェックされたのでしょうが、その時の動かし方が不十分だったと思っています。実際、この側方運動のチェックはなかなか一筋縄でいきません。私が日本語で言ってもなかなかできない人が多いと感じます。歯は全然動いていないで唇だけ左右に動かしているとか、「私は歯ぎしりできません。」と言う人までいらっしゃるぐらいです。日常会話でなかなかない表現ということなんでしょうね。外国人の歯医者さんではなおさら難しいかもしれません。当院の環境でさえ、その場は良くても後で、「やっぱり痛い。」ということもありますから。
 
 半年以上前にクラウンを装着した患者さんが、どうも仮着したクラウンのところに食べかすが挟まると相談に来られました。歯科の言葉で鼓形空隙(Embrasure)の問題でした。隣り合う歯と歯茎でできた三角形の空間です。この空間を適切に調整すると良くなりました。でもその後、「前よりも格段に良くなったけれどやはりまだ詰まります。」と来られて何度か同じことをしました。今度は「本当に良くなったけれど、正直まだ少し挟まります。でもこれぐらいならもうけっこうです。本止めしてください。」と。本止めするなんて簡単なことですし、止めてしまってお終いとすれば歯科医師側は楽でいいことですからありがたいお申し出です。しかしその患者さんは一生「やっぱり少し詰まるな。」という状態が続きます。ですからその日でお終いにしようということでしたが、もう一度調整を入れて完全を目指すことをお勧めしました。どうも何度もやってもらうことに“遠慮”があったようです。先の患者さんも前の歯科医院でやってもらわなかった理由は“遠慮”からだったようです。当院に限らずどこの歯科医院でもこの手の“遠慮”は不要です。歯科医師側も迷惑ととらえるところはあまりないはずです。これも日本の歯科医院での体験から来ているのかもしれません。日本は治療を行うという点ではかなり不利な条件ですし、保険治療は治療費が安いということは素晴らしいことですが、こういったことは犠牲にされている面がありますから。
 
 もう一件は、日本で入れた前歯3本の根本の部分の隙間が開いて黒くなっていて、色の他の歯よりもかなり黄色なのをキレイにしたいと当院でやり直しているケースです。この患者さんは犬歯が短く標準的な作り方では難しいケースでしたが、まず仮ブリッジでどうなるかシミュレーションして患者さんから「ここからどうしたいか」をしっかりと聞きました。そして出来上がったブリッジを仮着してまた「仮止めです。ここからご希望があれば可能なことはとことんやりますのでおっしゃてください。」とお伝えするととても嬉しそうな顔で喜んでいただけました。そして後日、紙に希望する箇条書きにして持って来られました。このケースでも患者さんはブリッジが出来上がっておしまいと思われていましたが、出来上がってからあれこれ注文が出せるのは嬉しいことだと思います。セットしてしまえば一生そのままですから、レベルを下げずに満足のいくところまでやっていいと思います。日本の感覚で歯科を受けないほうがいいですよと何度もアドバイスしていますが、今回も同様で患者さんにもっとお行儀良くなって下さいでなく、もっと信頼してとことん相談して満足するところまで要求してくださいと言いたいです。そうできると歯科治療に関してはいい国に来たと実感できるのではないでしょうか。