写真で見るタイの歴史

Vol,105 水禍

Vol,104 赤雄牛

Vol,103 首都之駅

Vol,102 美国人接待

Vol,101 絹紡糸

Vol,100 怪奇漫画

Vol,99 勧善懲悪

Vol,98 百事可楽(ペプシコーラ)

Vol,97 治安戦車

Vol,96 国王の愛

Vol,95 駕 篭

Vol,94 タニヤビル

Vol,93 日野自動車

Vol,92 古 銭

Vol,91 リキシャ

Vol,90 現代女子

Vol,89 白象

Vol,88 獅子印練歯磨

Vol,87 泰式生活雑貨

Vol,86 山葉発動機

Vol,85 調髪

Vol,84 一攫千金

Vol,83 仏国砲艦

Vol,82 虎退治

Vol,81 大河の渡し

Vol,80 御清浄祭

Vol,79 家畜象

Vol,78 泰緬鉄道/現地人労働者

Vol,77 蘇昆維路/素坤逸路

Vol,76 金鳥の夏

Vol,75 水門の船着場

Vol,74 バンコクの歩き方-1953年

Vol,73 新年肝試し

Vol,72 交通渋滞

Vol,71 大學

Vol,70 美顔粉

Vol,69 戦 象

Vol,68 溢水路線バス

Vol,67 僧侶と従者

Vol,66 牧童小路

Vol,65 芭堤雅

Vol,64 幼画家

Vol,63 ロックバンド

Vol,62 華人の萬屋

Vol,61 Mr,ポストマン

Vol,60 タイ古式マッサージ

Vol,59 ミス・タイランド

Vol,58 マタンゴ

Vol,57 ナナ交番

Vol,56 花の子供たち

Vol,55 国王とキング・オブ・R & R

Vol,54 タイ王国の翼

Vol,53 バンコクプリズン

Vol,52 首都の駅

Vol,51 力車

Vol,50 マヒドン王子

Vol,49 慰霊之塔

Vol,48 華僑の街

Vol,47 母君

Vol,46 ラマ1世橋 1932年

Vol,45 楽趣

Vol,44 大振子

Vol,43 盤谷大洪水

Vol,42 チャオプラヤ濤々

Vol,41 盤谷駅水没-Ⅱ

Vol,40 盤谷の空

Vol,39 遠望

Vol,38 大ブランコとインドラ寺院

Vol,37 盤谷駅水没

Vol,36 仮装王子

Vol,35 午睡・貴婦人

Vol,34 UMA捕獲

Vol,33 御溝・盤谷宮城

Vol,32 水上炉簿

Vol,31 世捨て人

Vol,30 御溝・盤谷宮殿

Vol,29 タイ最古の写真

Vol,28 行幸・ラマⅥ世

Vol,27 王室の仮装会

Vol,26 大通り

Vol,25 野辺僧

Vol,24 番木瓜沙拉・木鉢

Vol,23 曳き屋台

Vol,22 水禍・祈り

Vol,21 路傍の商い

Vol,20 水禍のバンコク

Vol,19 ルンピニ水没

Vol,18 黄金の丘

Vol,17 誰でも作れる簡単ケーキ

Vol,16 寺子屋

Vol,15 豚肉輸送

Vol,14 ハイソの食卓

Vol,13 中華街興隆

Vol,12 路面電車

Vol,11 大山商会

Vol,10 洗髪剤

Vol,09 タイシルクの起源

Vol,08 シーロムの黎明

Vol,07 曼谷のイケメン

Vol,06 縮まないジーンズ

Vol,05 アナンタサマーコム宮殿

Vol,04 プラトゥナム船着場

Vol,03 水禍の戦勝記念塔 69年前

Vol,02 レッドブル

Vol,01 ファランポーン駅

駕 篭

his95
 一本の棒に乗り台を下げ、人が担いで運ぶ「駕籠(かご)」は、公家や武家が用いるような、外部からは誰が乗っているか見えない箱形で装飾が施されて引き戸が付いている高級なものは乗物(のりもの)と呼ばれ、地位階級によって形式が異なり庶民が乗る一般の駕籠とは区別されていた。
 上の写真は百年以上も前の1905年に撮られた『タイの駕籠』である。場所等の詳細は一切不明だが、撓んだ袋状のハンモックに屈んで座ると、人体の内臓が圧迫されて苦痛を強いられるし横揺れ縦揺れも半端ではなく、酔うばかりか舌をかむ危険があり、荷物置場もないことから近距離輸送に特化していたと推測できる。いわば歩きたくない人向けの、現在のモタサイのようなものだろうか。機能的に乏しくホスピタリティに欠けたタイの駕籠だが、世界にも稀な、日本独自のそしてほぼ江戸時代に限定される運搬手段の「駕籠」が、タイ国にもあったのは実に驚くべきことである。