写真で見るタイの歴史

Vol,105 水禍

Vol,104 赤雄牛

Vol,103 首都之駅

Vol,102 美国人接待

Vol,101 絹紡糸

Vol,100 怪奇漫画

Vol,99 勧善懲悪

Vol,98 百事可楽(ペプシコーラ)

Vol,97 治安戦車

Vol,96 国王の愛

Vol,95 駕 篭

Vol,94 タニヤビル

Vol,93 日野自動車

Vol,92 古 銭

Vol,91 リキシャ

Vol,90 現代女子

Vol,89 白象

Vol,88 獅子印練歯磨

Vol,87 泰式生活雑貨

Vol,86 山葉発動機

Vol,85 調髪

Vol,84 一攫千金

Vol,83 仏国砲艦

Vol,82 虎退治

Vol,81 大河の渡し

Vol,80 御清浄祭

Vol,79 家畜象

Vol,78 泰緬鉄道/現地人労働者

Vol,77 蘇昆維路/素坤逸路

Vol,76 金鳥の夏

Vol,75 水門の船着場

Vol,74 バンコクの歩き方-1953年

Vol,73 新年肝試し

Vol,72 交通渋滞

Vol,71 大學

Vol,70 美顔粉

Vol,69 戦 象

Vol,68 溢水路線バス

Vol,67 僧侶と従者

Vol,66 牧童小路

Vol,65 芭堤雅

Vol,64 幼画家

Vol,63 ロックバンド

Vol,62 華人の萬屋

Vol,61 Mr,ポストマン

Vol,60 タイ古式マッサージ

Vol,59 ミス・タイランド

Vol,58 マタンゴ

Vol,57 ナナ交番

Vol,56 花の子供たち

Vol,55 国王とキング・オブ・R & R

Vol,54 タイ王国の翼

Vol,53 バンコクプリズン

Vol,52 首都の駅

Vol,51 力車

Vol,50 マヒドン王子

Vol,49 慰霊之塔

Vol,48 華僑の街

Vol,47 母君

Vol,46 ラマ1世橋 1932年

Vol,45 楽趣

Vol,44 大振子

Vol,43 盤谷大洪水

Vol,42 チャオプラヤ濤々

Vol,41 盤谷駅水没-Ⅱ

Vol,40 盤谷の空

Vol,39 遠望

Vol,38 大ブランコとインドラ寺院

Vol,37 盤谷駅水没

Vol,36 仮装王子

Vol,35 午睡・貴婦人

Vol,34 UMA捕獲

Vol,33 御溝・盤谷宮城

Vol,32 水上炉簿

Vol,31 世捨て人

Vol,30 御溝・盤谷宮殿

Vol,29 タイ最古の写真

Vol,28 行幸・ラマⅥ世

Vol,27 王室の仮装会

Vol,26 大通り

Vol,25 野辺僧

Vol,24 番木瓜沙拉・木鉢

Vol,23 曳き屋台

Vol,22 水禍・祈り

Vol,21 路傍の商い

Vol,20 水禍のバンコク

Vol,19 ルンピニ水没

Vol,18 黄金の丘

Vol,17 誰でも作れる簡単ケーキ

Vol,16 寺子屋

Vol,15 豚肉輸送

Vol,14 ハイソの食卓

Vol,13 中華街興隆

Vol,12 路面電車

Vol,11 大山商会

Vol,10 洗髪剤

Vol,09 タイシルクの起源

Vol,08 シーロムの黎明

Vol,07 曼谷のイケメン

Vol,06 縮まないジーンズ

Vol,05 アナンタサマーコム宮殿

Vol,04 プラトゥナム船着場

Vol,03 水禍の戦勝記念塔 69年前

Vol,02 レッドブル

Vol,01 ファランポーン駅

国王の愛

his96

 プミポン国王が今月の5日に87歳の誕生日を迎えられました。アメリカのケンブリッジで生まれ、スイス・ローザンヌ大学で教育を受けられたプミポン国王は、幅広く深い見識と共に、音楽、絵画、写真、ヨットなど多彩な趣味を持たれており、特に音楽に関しては、ジャズに深く傾倒され、ご自身がサックスを演奏し、奏者としてのアルバムを多くリリースされています。
 プミポン国王は兄王ラマ8世の死の後を次いで、急遽即位するのですが、それまでのスイス留学中には政治とは無関係な工学を学ばれ、ジャズを演奏したり、カー・レーサーになったりと若者らしい学生生活を送り、自由と若さを象徴する存在だったようです。1948年、カー・レースでプミポン殿下が乗ったフィアットが事故を起こし、右眼摘出という重傷を負ってしまいました。その時、連日彼のもとに通って優しく看護したのが駐フランス・タイ大使の娘だった現シリキット王妃です。やがて二人は恋に落ち、殿下は自らシリキット嬢の為にジャズの楽曲を作曲し、プレゼントして想いを告白しました。その時の曲「キャンドル・ライト・ブルース」と「フォーリング・レイン」は、現在も王妃の誕生日にタイ国内で演奏されているように、プミポン国王夫妻の話題はハリウッド恋愛映画のストーリーのようにして国民の間に語り継がれているのです。
 後に国王は王宮内にスタジオを作り、自らのジャズ・バンドを結成してラジオ番組で25年に亘って放送し続けました。写真は1960年、「スイングの父」・故ベニー・グッドマンと競演するプミポン国王です。